医学部予備校で学力向上!|医者の卵を目指せるサポート機関

三人の女性

文章作成を上達させる

勉強する女性

大学の推薦入試を利用するなら、さけて通れないのが小論文です。大抵の大学では、面接試験前に数十分ほどの時間を設けて小論文試験が行なわれます。いわゆる文章作成能力試験みたいなものです。ですが、ただ文章を書くだけの試験ではありません。大学では論文を制作する機会があり、基礎的な文体で適切な情報量があるのか、わかりやすい表現をしているかが評価されます。そのため、国語力に加えて、文章作成ルールと速記力が求められます。どんな学科の推薦入試でも行なわれています。それに、学科ごとにテーマが異なってくるので毎年の試験動向を把握しておいた方が有利に進められます。

テーマに関する情報なら、過去の出題傾向が記載されているサイトがあります。文章作成練習の時に、過去にでたテーマを利用して、制限時間内でどれくらいかけるのかを計測してみましょう。そして、途中まででもいいので、学校の先生や添削のサービスも行なっている塾の講師に見せてみるのが効果的です。人によって、文章の内容や接続詞などの扱いが適切なのか異なった目線でチェックしてくれるので、多くのアドバイスが受けられます。多くの人に小論文作成の練習で作ったものを見せる事によって、より良い文章となっていくのは間違いありません。恥ずかしがらずに、友達でも、親でも先生にでも作成した文章を添削してもらいアドバイスを貰いましょう。また、一緒に推薦入試を受ける予定の人とも一緒に練習をした方が賢明です。文章作成で、行き詰まったら他の人の文章や書き方テクニックを真似してみるのも上達を早める方法です。